申請から丸1年、でも「小規模事業者持続化補助金」は活用すべき

どうも、建設資格アドバイザーの宮本です。

今日は資格とは関係のないお話しです。

小規模事業者持続化補助金って聞いたことないですか?一昨年ぐらいから結構話題に上がっている補助金制度のひとつです。

わたしが昨年2月に公募されたこの「小規模事業者持続化補助金」に申請をしてから約1年、やっと補助金額の確定通知が届きました!

IMG_2255

 小規模事業者持続化補助金について

小規模事業者持続化補助金とは?

小規模事業者が、商工会議所・商工会の助言等を受けて経営計画を作 成し、その計画に沿って販路開拓に取り組む費用の2/3を補助します。補助上 限額:50万円
◯小規模事業者とは、「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業 として営む商工業者(会社および個人事業主)」であり、常時使用す る従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・ 娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5 人以下)の事業者です。

◯補助対象経費75万円の支出の場合、その2/3の50万円を補助 します。同様に、補助対象経費60万円の支出の場合は、その2/3 の40万円が補助金額となります。また、補助対象経費90万円の支 出の場合には、その2/3は60万円となりますが、補助する金額は、 補助上限額である50万円となります。

◯以下の場合は、補助上限額が100万円に引き上がります。 ①雇用を増加させる取り組み ②従業員の処遇改善に取り組む事業者 ③買い物弱者対策の取り組み (注4)原則として、個社の取り組みが対象ですが、複数の小規模事業者が 連携して取り組む共同事業も応募可能です。その際には、補助上限額 が100万円~500万円となります(連携する小規模事業者数によ ります)

どんな事業が対象になるの?

経営計画に基づき、商工会議所の支援を受けながら実施する販路開拓等のための事業

《対象となる取り組みの例》

(1)広告宣伝(広告費)

・新たな顧客層の取り込みを狙い、チラシを作成・配布する。

(2)集客力を高めるための店舗改装(外注費)

・幅広い年代層の集客を図るための店舗のユニバーサルデザイン化する。

(3)展示会・商談会への出展(展示会等出展費)

・新たな販路を求め、国内外の展示会へ出展する。

(4)商品パッケージや包装紙・ラッピングの変更(開発費)

・新たな市場を狙って商品パッケージのデザインを一新する。

補助金の対象となる経費は?

  1. 機械装置等費
  2. 広報費
  3. 展示会等出展費
  4. 旅費
  5. 開発費
  6. 資料購入費
  7. 雑役務費
  8. 借料
  9. 専門家謝金
  10. 専門家旅費
  11. 車両購入費(買い物弱者対策の場合のみ)
  12. 委託費
  13. 外注費

補助率と補助金額は?

・補助率 補助対象経費の2/3以内

・補助額 上限50万円

*ただし、

(1)①雇用を増加させる取り組み、②従業員の処遇改善を行っている事業者、③買い物弱者対策に取り組む事業者については、補助上限額が100万円

(2)複数の小規模事業者が連携して取り組む共同事業の場合は、補助上限額が「1事業者あたりの補助上限額」×連携小規模事業者数の金額となります。(ただし、500万円を上限とします。)

(3)上記(1)と(2)の併用は可能です。(その場合でも補助上限額は500万円を上限とします)

申請から補助金受領までの流れ

1)経営計画書・補助事業計画書を作成
2)事業支援計画書の作成・交付を最寄りの商工会議所へ依頼
3)期間内に補助金事務局へ申請書類一式を送付
4)日本商工会議所による審査・採択・交付の決定
5)販路開拓の取り組みを実施
6)期限までに実績報告書等の提出
7)日本商工会議所による報告書等の確認
8)報告書等の確認が終わり次第補助金を請求し受領

平成28年の実施スケジュールは?

平成28年の公募と実施スケジュールはまだ発表されていません。

昨年の例でいきますと、2月下旬より受付開始されました。そして、第1次受付が3月下旬まで、第2次受付が5月下旬までという申請期間でした。

自分で補助金の公募開始情報をチェックすること!

わたしも昨年感じたことですが、こういった補助金は「◯月◯日から◯◯補助金の受付が開始になりますよ!」などのアナウンスは一切ありません。実はひっそりと始まっていた、、、。という感じです。だから、近くなったら自分でチェックすることが重要です!

平成28年2月26日より公募開始になりました!

中小企業庁ホームページ|平成27年度補正予算小規模事業者支援パッケージ事業小規模事業者持続化補助金の公募を開始します

 

小規模事業者持続化補助金など各種補助金の情報は以下のサイトでチェックできます。

中小企業庁のホームページ

ミラサポ

 

事業計画書は事前に準備しておくこと!

補助金の公募、受付が開始されると、申請の〆切までそんなに時間がありません。申請書類の中で一番のキモとなるのが「経営計画書」「補助事業計画書」になります。普段から「事業計画書などとは無縁だ」という方(私もそうでしたが、、、)は特に早めに取り掛かっておきましょう。

事業計画のポイントは?

補助金は審査がありますので、申請したからといって100%補助金がもらえるわけではありません。審査に通らないといけないわけです。では、審査に通る「事業計画書」作成のポイントはなんでしょうか?ポイントは大きく分けて3つあると思います。

①新しい商品・サービスか?

「新商品」「新サービス」「新顧客層」「地域初」などのキーワードが使えるような取り組みがポイントになります。

②社会的貢献度があるか?

ただ、自社が儲かるためだけの事業よりも、日本の、地域の、業界の課題解決に繋がるような「社会的意義」のある取り組みかがポイントです。

③収益性があるか?

上記①②のポイントを踏まえて事業を実施した際に、本当に収益が見込めるものかどうかもポイントです。国費を投じて補助金を出す立場からすれば、収益性の高い事業に投資することは当然だとなるわけです。

まとめ

小規模事業者持続化補助金は、うまく活用すればとてもメリットの大きい補助金だと思います。また、個人事業主などで経営計画や事業計画を実際に立てたことも作成したこともない方は、この申請をきっかけにして自分の頭の中にある計画や目標を見直せるチャンスでもあります。

この補助金で何をしようか?と迷った時は「25万円の費用で75万円分の販促活動ができるなら自社なら何をするか。」とシンプルに考えることがおすすめです!

専門家もいいけど実際に補助金を使った人に聞く

書類作成が面倒くさくて社労士さんなどの専門家に丸投げしたくなる気持ちもわかりますが、ご自身でやる場合は実際に使った人に聞く、実際に審査に通った書類を見せてもらうなどということもいいですよ。業種が違ったり、事業規模が違ったりと全く同じではないにしても、コンセプトや表現方法などの大きなヒントになるはずです。成功事例なわけですから。

 

実際に審査を通過した「経営計画書」「補助事業計画書」を参考にしたい!という方は、宮本までお問い合わせくださいね。

日建学院浜松西校(キュレーション)の宮本までメールにてお問合せください。

s-miya@e-curation.com

 

 

 


【2級建築士】

本試験問題&解答解説集を無料プレゼント!

 

資格試験に合格するためには、まずその試験を知ることから。

「2級建築士学科試験 本試験問題・解答解説集」は、このような方にお使いいただけます。

  • 以前の過去問題集を使用していて、前年の試験問題が不足している方
  • 受験対策の終盤で、実力試しに本試験問題を通しでやってみたい方
  • これから2級建築士受験をするにあたって「どんな試験内容か?」を知っておきたい方

下記よりダウンロードしていただき、2級建築士取得に向けた受験勉強の参考資料として、ぜひお使いください!

「2級建築士学科試験 本試験問題・解答解説集」が無料でダウンロードできます。



【1級建築士】

本試験問題&解答解説集を無料プレゼント!

資格試験に合格するためには、まずその試験を知ることから。

「1級建築士学科試験 本試験問題・解答解説集」は、このような方にお使いいただけます。

  • 以前の過去問題集を使用していて、前年の試験問題が不足している方
  • 受験対策の終盤で、実力試しに本試験問題を通しでやってみたい方
  • これから1級建築士受験をするにあたって「どんな試験内容か?」を知っておきたい方

下記よりダウンロードしていただき、1級建築士取得に向けた受験勉強の参考資料として、ぜひお使いください!

「1級建築士学科試験 本試験問題・解答解説集」が無料でダウンロードできます。



【施工管理資格】

本試験問題&解答参考例 無料プレゼント!

 

1級建築施工実地試験問題&解答参考例

試験問題&解答参考例

資格試験に合格するためには、まずその試験を知ることから。現在、無料プレゼント中の資格は以下の通りです。

  • 1級建築施工管理技士
  • 2級建築施工管理技士
  • 1級土木施工管理技士
  • 2級土木施工管理技士
  • 1級管工事施工管理技士
  • 2級管工事施工管理技士
  • 1級造園施工管理技士
  • 2級造園施工管理技士
  • 1級舗装施工管理技術者

 

最新年度の試験問題と解答参考例が無料でダウンロードできます。


ABOUTこの記事をかいた人

【建設業専門】 資格・人材採用アドバイザー/日建学院浜松西校代表。 1972年浜松市生まれ。建築士、宅建など建設関連資格に特化した受験対策校を運営。アドバイザー歴18年。資格取得を通じて地元で活躍する人材の育成を行い、これまで担当した受講生は延べ2,000人以上。現在は、建設関連資格のスクール運営のほかに、有資格者と地元企業のマッチングをはじめとした「人材採用コンサルティング」、「ニュースレター」を活用した販売促進支援などの活動を行っている。