できる営業マンになりたかったら「ニュースレター」を出せ!

日々「売上げ」に追われる営業マン。なんかモチベーションが上がらない、、、。なんて言って、公園の駐車場でスマホいじってませんか?

 

挨拶して ⇒ 売り込んで ⇒ 断られて ⇒ 行かなくなる

こんな経験が続いているなら、要注意です!

 

「何か変えなきゃ」と思っているだけじゃ何も変わりません。いっそのこと「営業マン=売り込み」という価値観を変えてみませんか?

 

おすすめするのは、今の営業活動内で簡単にできて、なおかつ売れる環境が整っていく「ニュースレター」を活用した営業スタイルです。

 

まずは、あなたから商品(サービス)を買ったお客さんに目を向けること。意外と「売りっぱなし」になってたりしていませんか?

 

 

ニュースレターは、売り込みチラシとは違う「コミュニケーションツール」です。金額や条件などの情報のみがのった売り込みチラシよりも、「人」や「熱意」などを伝えるものなので、お客さんに読んでもらえるようになります。(特に知っている人のことであれば)

 

 

ニュースレターを出すとこんな効果があります!

単純接触効果⇒忘れられない!

定期的にあなたの顔が載っているニュースレターを出すことで、お客さんはあなたのことを思い出します。そして、あなたが取り扱っている商品(サービス)のことも思い出します。

人は忘れる動物です。あなたのことや商品(サービス)が嫌いなわけじゃなく、いまは必要なかったり、存在を忘れているだけ。

これだけでも、お客さんから声をかけられる可能性はグッと高くなります。

 

自己開示⇒親近感が増す!

仲良くなってください!という「コミュニケーションツール」なわけですから、当然あなたの個人的なことをたくさん載せましょう。

あなたの情報や話題を数多く提供することで、共通するコトや関心のあるコトなど、お客さんとの会話のきっかけが増えます。

そうすれば、親近感がでてくるので、その後の仕事の話も聞いてもらえる環境ができていくはずです。

 

そんなこといっても「ネタ」がないよ、、、というあなた!

だから、お客さんのところに行けばいいんです。

お客さんと顔を合わせれば、いろんな会話をします。その中に「ネタ」はたくさんあるはず。

どうやって売り込もうか?、どうやって応酬話法を組み立てようか?なんて考えずに、「ネタ」を探すのです。

自然とあなたのことではなく、相手のことを聞くようになるので、入ってくる情報量はいままでよりも多くなるはずです。

 

営業マンにおすすめの「ネタ」はコレだ!

①お客さんのことを載せる

あなたのお客さんにもお客さんがいるわけですよね。だったら、その宣伝も兼ねてお客さんを載せちゃいましょう!

「お客様の声」「お客さんのお店のアピール」などを載せることで、あなたのお客さんが喜んでくれるはず。

まさに、一石二鳥ですよね。

 

②Q&Aを載せる

普段お客さんに聞かれることの多い質問ってありませんか?

それを聞いたら、その回答を「Q&A」「よくある質問」のように載せちゃいましょう!

そもそも、それが知りたい情報ですし、お客さんのためになることが載っていれば、読んでくれる可能性は上がります。

 

シンプルに「ニュースレター」編集長として活動してみよう!

 

ニュースレターに載せる「ネタ」を集めにお客さんに訪問する。

出来上がったニュースレターをお客さんに配る。(または送付)

感想を聞いたりしながら再訪問する。

そうすると、、、

活動量UP・情報量UP・信頼感UP

売上げUP

モチベーションUP

今悩んでる事が解決します!

 

まとめ

 

どうでしょうか?

普段やるべき営業活動の中でも簡単にできる「ニュースレター」を使った営業スタイル

今までの活動目的である「売り込むコト」を「仲良くなるコト」「信頼されるコト」に置き換えて活動することができます。

社内の価値観にしばられ過ぎないで、もっと違う視点でお客さんと接すれば、必ず良いサイクルが回り始めます。

 

せひ、参考にしてくださいね♪

 

 

 

営業マンニュースレターってこんな感じです。

nlomote_out
nlura_out

 

ABOUTこの記事をかいた人

【建設業専門】 資格取得・人材採用アドバイザー 1972年浜松市生まれ。建設資格アドバイザー歴は20年。資格取得を通じて地元で活躍する人材の育成を行い、これまで担当した受講生は延べ2,000人以上。現在は、建設資格アドバイザーのほかに、有資格者と地元企業のマッチングをはじめとした「人材採用コンサルティング」、「ニュースレター」を活用した販売促進支援などの活動を行っている。