平成29年度 2級建築士試験日程|受験申込方法と受験資格について

こんにちは。建設資格アドバイザーの宮本です。

本日(2017年3月13日)、平成29年度の2級建築士試験日程が発表されました。受験願書の配布期間、受験申込みの時期が、昨年までと大きく変わっていますので、しっかりと確認をしておきましょう。

また、2級建築士試験には「受験資格」があります。受験資格区分によって「卒業証明書・単位修得証明書」などが必要です。ギリギリになって慌てないように、「受付期間はいつなのか?」「どうやって受付をすればよいのか?」「事前に準備しておくものは何か?」などは事前にチェックしておいてくださいね。

 

2級建築士試験の構成

1次試験の「学科試験」と2次試験の「設計製図試験」で行われ、「設計製図試験」は「学科試験」の合格者のみ受験ができます。前々年と前年(平成27年・28年)の「学科試験」合格者は、「学科試験」が免除となり「設計製図試験」から受験ができます。「学科試験」と「設計製図試験」の両方に合格して2級建築士合格者となります。

 

2級建築士試験の日程

受験申込書の配布

受験申込書の入手方法は2パターンあります。

  1. 郵送による配布:3月27日(月)~4月14日(金)
  2. 受付窓口での配布:3月31日(月)~4月24日(月)

①郵送による配布

試験元の(公財)建築技術教育普及センターホームページより、インターネットまたはFAXで受験申込書を請求します。

 

②受付窓口での配布

各都道府県の配布場所は、試験元の(公財)建築技術教育普及センターホームページで確認できます。

お問合せ先
(公財)建築技術教育普及センター 受験申込書配布係  TEL:042-628-9253(平日9:30~17:00) FAX:042-628-3550

 

受験申込期間と申込方法

受験申込方法は3パターンあります。

  1. 会場受付:4月20日(木)~4月24日(月)※土・日を含む5日間
  2. 郵送受付:4月3日(月)~4月17日(月)
  3. インターネット受付:4月10日(月)10:00~4月17日(月)16:00まで

 

初めて2級建築士を受験する方は「①会場受付」のみ。過去に2級建築士試験を受験した方は「②郵送受付」か「③インターネット受付」ができます。
受験申込は、「学科試験から」と「設計製図試験のみ」と別々に定められています。受験申込書(書面)を入手される際には、必ず「学科試験用」か「設計製図試験用」かを確認して下さい。インターネット受付の場合は、「学科試験」の申込みか「設計製図試験」の申込みかを選択するようになります。

 

【初受験者向け】2級建築士の受験申込書「書き方のポイント」

2016.03.09

 

①会場受付

4月20日(木)~4月24日(月)※土・日を含む5日間

証明書類等の確認を行なうため、原則として本人が必要書類を受付場所に持参する。受付時間は、10:00~17:00で、受付場所は、住所地の都道府県建築士会が指定する会場となります。

 

②郵送受付

4月3日(月)~4月17日(月)

受験申込書類と受験手数料(¥16,900)を納付した後、センター指定の封筒を使用して簡易書留郵便で郵送する。締切日の消印のあるものまで有効。

郵送先
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-6 紀尾井町パークビル (公財)建築技術教育普及センター本部

 

③インターネット受付

4月10日(月)10:00~4月17日(月)16:00まで

受付期間内は24時間申込が可能。受験手数料(¥16,900)はクレジットカードまたはコンビニ払いで支払うことができます。事前準備として、①過去の受験番号②デジタル写真データ(無帽・無背景・正面上3分身で撮影されたJPEGファイル(X665・Y915ピクセル))が必要になります。

インターネット受付は、受付期間内に試験元の(公財)建築技術教育普及センターホームページから申込ができます。

 

試験日、合格発表日

学科試験

試験日 7月2日(日)

合格発表日 8月22日(火)予定

 

「学科試験」時間割
注意事項等説明 9:45~10:00
計画・法規 10:00~13:00
休憩 13:00~14:00
注意事項等説明 14:00~14:10
構造・施工 14:10~17:10

設計製図試験

試験日 9月10日(日)

合格発表日 12月7日(木)予定

 

「設計製図試験」時間割
注意事項等説明 10:45~11:00
設計製図 11:00~16:00

 

2級建築士の受験資格

2級建築士試験には「受験資格」があります。受験申込みの前にかならず確認をしておきましょう。

2級建築士受験資格(建築士法第15条)

建築に関する学歴等 実務経験年数
大学・短大・高専の指定科目を修めて卒業した者 0年
高校の指定科目を修めて卒業した者 卒業後3年以上
建築設備士 0年
その他都道府県知事が特に認める者 所定の年数
建築に関する学歴なし 7年以上

 

注意!建築士法改正以前と以降では受験資格が違います!

建築士法の改正(平成20年11月28日施行)に伴い、「学歴要件」「実務経験要件」が変更されていますので、必ず確認してください。

 

学歴要件

《改正前の場合》

旧建築士法
第15条
建築に関する学歴 実務経験年数
最終卒業学校 課程
第一号 大学(短大含む)又は高専 建築 0年
土木 卒業後1年以上
第二号 高等学校 建築  〃 3年以上
土木
第三号 その他都道府県知事が特に認める者 所定の年数以上

 

《改正後の場合》

平成21年以降に入学している者は、学校等別に修得する指定科目の単位数に応じて、必要な建築実務経験年数が必要となります。

学校等別、必要な指定科目の単位数と建築実務経験年数(平成21年度以降の入学者)hyou02

 

実務経験要件

《改正前の場合》平成20年11月27日まで

◎建築に関する知識及び技能の養成に有効と認められる実務

  • 設計事務所、建設会社、工務店等での建築物の設計・工事監理・施工管理
  • 大工
  • 官公庁での建築行政、営繕
  • 大学・研究所・工業高校等での建築に関する研究、教育
  • 建築(工)学関係大学院での建築に関する研究

 

《改正後の場合》平成20年11月28日から

◎設計・工事監理に必要な知識・能力を得られる実務

  • 建築物の設計に関する実務
  • 建築物の工事監理に関する実務
  • 建築工事の指導監督に関する実務
  • 次に掲げる工事の施工の技術上の管理に関する実務・・・「建築一式工事」「大工工事」「建築設備の設置工事」
  • 確認審査等に関する実務
  • 消防長又は消防署長が建築基準法第93条第1項の規定によって同意を求められた場合に行う審査に関する実務
  • 建築物の耐震診断に関する実務
  • 大学院の課程(建築に関するものに限る。)において、建築物の設計又は工事監理に係る実践的な能力を培うことを目的として建築士事務所等で行う実務実習(インターンシップ)及びインターンシップに関連して必要となる科目の単位を所定の単位数(30単位以上又は15単位以上)修得した場合に実務の経験とみなされる2年又は1年の実務

 

実務経験の期間は、「学科試験」の前日である平成29年7月1日までの期間で算定します。

 

受験資格のお問合せ先
(公財)建築技術教育普及センター 試験部 試験第四課(指定科目担当)      TEL:03-6261-3310(代表)

 

まとめ

2級建築士試験を受験する方にとって、はじめての受験申込は時間も労力がかかるものです。受験申込みではなく、合格することが目的ですのでなるべく事前準備をしておき素早く済ませれるようにしておきましょう!

受験資格については、大きく分けて3種類のどれかで考えるといいと思います。

  1. 学歴のみで受験・・・指定学科卒業して実務0年で受験
  2. 学歴+実務で受験・・・卒業した学校・学科(単位)に応じた必要な実務経験年数(だいたい1年~3年が多い)
  3. 実務経験のみで受験・・・7年以上の建築に関する実務経験年数で受験

 

また、実務経験要件に関しても簡単に考えれば、「設計」「現場監督」「大工(職人)」など建築物に関わるものであれば大丈夫ですので、あまり厳密に考えすぎて不安にならないほうがいいですよ。

 

平成28年度 2級建築士学科試験「本試験問題&解答解説集」を無料プレゼント!

このような方にお使いいただけます。

  • 以前の過去問題集を使用していて、前年の試験問題が不足している方
  • 受験対策の終盤で、実力試しに本試験問題を通しでやってみたい方
  • これから2級建築士受験をするにあたって「どんな試験内容か?」を知っておきたい方

下記よりダウンロードしていただき、2級建築士取得に向けた受験勉強の参考資料として、ぜひお使いください!

 

今からはじめる「2級建築士の受験対策講座」の資料請求はこちらから

 

 


【2級建築士】

本試験問題&解答解説集を無料プレゼント!

 

資格試験に合格するためには、まずその試験を知ることから。

「2級建築士学科試験 本試験問題・解答解説集」は、このような方にお使いいただけます。

  • 以前の過去問題集を使用していて、前年の試験問題が不足している方
  • 受験対策の終盤で、実力試しに本試験問題を通しでやってみたい方
  • これから2級建築士受験をするにあたって「どんな試験内容か?」を知っておきたい方

下記よりダウンロードしていただき、2級建築士取得に向けた受験勉強の参考資料として、ぜひお使いください!

「2級建築士学科試験 本試験問題・解答解説集」が無料でダウンロードできます。



【1級建築士】

本試験問題&解答解説集を無料プレゼント!

資格試験に合格するためには、まずその試験を知ることから。

「1級建築士学科試験 本試験問題・解答解説集」は、このような方にお使いいただけます。

  • 以前の過去問題集を使用していて、前年の試験問題が不足している方
  • 受験対策の終盤で、実力試しに本試験問題を通しでやってみたい方
  • これから1級建築士受験をするにあたって「どんな試験内容か?」を知っておきたい方

下記よりダウンロードしていただき、1級建築士取得に向けた受験勉強の参考資料として、ぜひお使いください!

「1級建築士学科試験 本試験問題・解答解説集」が無料でダウンロードできます。



【施工管理資格】

本試験問題&解答参考例 無料プレゼント!

 

1級建築施工実地試験問題&解答参考例

試験問題&解答参考例

資格試験に合格するためには、まずその試験を知ることから。現在、無料プレゼント中の資格は以下の通りです。

  • 1級建築施工管理技士
  • 2級建築施工管理技士
  • 1級土木施工管理技士
  • 2級土木施工管理技士
  • 1級管工事施工管理技士
  • 2級管工事施工管理技士
  • 1級造園施工管理技士
  • 2級造園施工管理技士
  • 1級舗装施工管理技術者

 

最新年度の試験問題と解答参考例が無料でダウンロードできます。


ABOUTこの記事をかいた人

【建設業専門】 資格・人材採用アドバイザー/日建学院浜松西校代表。 1972年浜松市生まれ。建築士、宅建など建設関連資格に特化した受験対策校を運営。アドバイザー歴18年。資格取得を通じて地元で活躍する人材の育成を行い、これまで担当した受講生は延べ2,000人以上。現在は、建設関連資格のスクール運営のほかに、有資格者と地元企業のマッチングをはじめとした「人材採用コンサルティング」、「ニュースレター」を活用した販売促進支援などの活動を行っている。