平成28年度 解体工事施工技士試験の合格発表|建設業法施行規則の一部改正のポイント

こんにちは。建設資格アドバイザーの宮本です。

本日(2017年2月10日)は、解体工事の国家資格である「解体工事施工技士」の合格発表がありました。第24回試験結果と建設業法施行規則一部改正のポイントをお伝えします。

解体工事施工技士とは?

解体工事施工技士(かいたいこうじせこうぎし)は、国土交通省管轄の国家資格で、 500万以下の解体工事を行うための解体工事業の登録及び施工に必要な技術管理者になることができる。 「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」(解体工事業に係る登録等に関する省令第七条第三号)に規定された国土交通大臣登録試験(登録番号1番)です。

解体工事業については、平成26年の建設業法改正より業種区分の新設や技術者要件の見直しについていろいろと議論されていました。そして、平成28年6月1日より施行される「建設業法施行規則の一部を改正する省令」が平成27年12月16日に交付されています。

「建設業法施行規則の一部を改正する省令」の公布について

平成28年度(第24回)解体施工技士の試験結果

受験者数、合格者数、合格率

年度 受験者数 合格者数 合格率
28年度 3,087人 1,508人 48.9%

平成28年度(第24回)解体工事施工技士試験の結果及び合格者の受験番号については、試験実施機関:公益社団法人 全国解体工事業団体連合会のホームページにて確認してください。

 

合格者の登録申請受付期間

平成29年2月13日(月)~3月17日(金)消印有効

 

建設業法施行規則(省令)改正のポイント

construction-workers-1019789_640

平成28年6月1日施行「建設業法施行規則(省令)」でのポイントを「技術者要件となる資格」「監理技術者講習制度」の2点で見てみます。

1)解体工事に係る一般建設業の主任技術者となれる資格

  • 一級土木施工管理技士
  • 二級土木施工管理技士(種別:土木に限る)
  • 一級建築施工管理技士
  • 二級建築施工管理技士(種別:建築・躯体に限る)
  • 技術士 建設部門総合技術監理部門(選択科目を建設部門に限る)
  • 一級とび技能士
  • 二級とび技能士※合格した後、解体工事の実務経験3年以上
  • 解体工事施工技士※登録解体工事試験に合格した者

その他に実務経験での要件は、▶「建設業法施行規則の一部を改正する省令」の公布について にて確認してください。

『※特定建設業の監理技術者の要件は告示において定める予定。』となっています。

2)既存の資格者についての緩和措置

  • 平成33年3月31日までの間は、既存のとび・土工工事業の技術者を、解体工事に係る一般建設業の営業所専任技術者(主任技術者)として認めることを経過措置として規定する。
  • 一級土木施工管理技士・一級建築施工管理技士・二級土木施工管理技士(土木)・二級建築施工管理技士(建築・躯体)の既存合格者は、国土交通大臣の登録を受けた講習(以下、登録講習という。)の受講又は解体工事に関し1年以上の実務経験を有していることにより解体工事の技術者として認めることを規定する。
なお、登録講習については、新たに登録規定を設けるとともに、解体工事の工法及び実務並びに関係法令に関する内容とする。【附則第2条】  

3)監理技術者資格者証と監理技術者講習修了証の統合

監理技術者が国土交通大臣の登録を受けた講習を修了した場合における修了証の交付を取りやめ、監理技術者資格者証に修了した旨を記載することとする。【第17条の6、第17条の7、第17条の11、第17条の30】

建設業法施行規則の改正により、平成28年6月1日から(一財)建設業技術者セン ターが発行する「監理技術者資格者証」と国土交通大臣登録講習実施機関が発行する 「監理技術者講習修了証」が1枚のカードに統合され、資格者証の裏面に監理技術者 講習修了履歴(修了履歴シール)を記載(貼付)することになります。 1枚のカードで資格保有と講習修了の両方を証明できるようになります。

kannrigijutsusyasyou

まとめ

最近では、建設業の中でも「解体工事業」の会社から、1級土木施工管理技士の資格者増員についての相談が増えています。これも、建設業法改正の影響が大きいと思われますね。

今年度の1級土木施工管理技士試験の受験受付は、2017年3月31日からです。(願書販売開始:2017年3月13日~)

平成29年度 建築・土木・管工事・造園施工管理技士試験の日程

2017.01.22

土木施工管理技士の資格試験について 試験実施機関:一般財団法人 全国建設研修センター

建築施工管理技士の資格試験について 試験実施機関:一般財団法人 建設業振興基金

 


【2級建築士】

本試験問題&解答解説集を無料プレゼント!

 

資格試験に合格するためには、まずその試験を知ることから。

「2級建築士学科試験 本試験問題・解答解説集」は、このような方にお使いいただけます。

  • 以前の過去問題集を使用していて、前年の試験問題が不足している方
  • 受験対策の終盤で、実力試しに本試験問題を通しでやってみたい方
  • これから2級建築士受験をするにあたって「どんな試験内容か?」を知っておきたい方

下記よりダウンロードしていただき、2級建築士取得に向けた受験勉強の参考資料として、ぜひお使いください!

「2級建築士学科試験 本試験問題・解答解説集」が無料でダウンロードできます。



【1級建築士】

本試験問題&解答解説集を無料プレゼント!

資格試験に合格するためには、まずその試験を知ることから。

「1級建築士学科試験 本試験問題・解答解説集」は、このような方にお使いいただけます。

  • 以前の過去問題集を使用していて、前年の試験問題が不足している方
  • 受験対策の終盤で、実力試しに本試験問題を通しでやってみたい方
  • これから1級建築士受験をするにあたって「どんな試験内容か?」を知っておきたい方

下記よりダウンロードしていただき、1級建築士取得に向けた受験勉強の参考資料として、ぜひお使いください!

「1級建築士学科試験 本試験問題・解答解説集」が無料でダウンロードできます。



【施工管理資格】

本試験問題&解答参考例 無料プレゼント!

 

1級建築施工実地試験問題&解答参考例

試験問題&解答参考例

資格試験に合格するためには、まずその試験を知ることから。現在、無料プレゼント中の資格は以下の通りです。

  • 1級建築施工管理技士
  • 2級建築施工管理技士
  • 1級土木施工管理技士
  • 2級土木施工管理技士
  • 1級管工事施工管理技士
  • 2級管工事施工管理技士
  • 1級造園施工管理技士
  • 2級造園施工管理技士
  • 1級舗装施工管理技術者

 

最新年度の試験問題と解答参考例が無料でダウンロードできます。


ABOUTこの記事をかいた人

【建設業専門】 資格・人材採用アドバイザー/日建学院浜松西校代表。 1972年浜松市生まれ。建築士、宅建など建設関連資格に特化した受験対策校を運営。アドバイザー歴18年。資格取得を通じて地元で活躍する人材の育成を行い、これまで担当した受講生は延べ2,000人以上。現在は、建設関連資格のスクール運営のほかに、有資格者と地元企業のマッチングをはじめとした「人材採用コンサルティング」、「ニュースレター」を活用した販売促進支援などの活動を行っている。