平成28年度 1級舗装施工管理技術者試験の合格発表

平成28年10月26日、平成28年度1級舗装施工管理技術者試験の合格発表がありました。

今年度の全国合格率は、前年度より4.3ポイント高い「20.7%」という結果でした。

  • 試験日 平成28年6月26日(日)実施 全国10地区
  • 合格発表日 平成28年10月26日(水)

平成28年度 1級舗装施工管理技術者試験の合格発表

試験結果

受験者数 4,060人(前年:4,202人 -142人)
合格者数 841人(前年:689人 +152人)
合格率 20.7%(前年:16.4% +4.3ポイント)

 

合格基準

 ◯一般試験 得点が60%以上

 ◯応用試験 得点が60%以上

※試験結果に関する詳細は、下記試験元のホームページにてご確認ください。
一般社団法人 日本道路建設業協会

今年度の総評

出題形式は、午前中の一般試験は4肢択一のマークシート形式で60問出題され全問解答、午後の応用試験は、5問出題され経験記述1問を必須解答、選択問題4問中2問を選択解答する例年通りの形式でした。

試験種別 出題形式 解答内容
一般試験 4肢択一式60問 全問必須解答(マークシート方式)
応用試験 記述式5問 経験記述1問(必須解答)
選択問題4問(2問を選択解答)

全体的な試験の難易度は「昨年と同等か若干難しい」と思われます。

出題傾向は昨年と大きな変化はなく、過去問題を中心とした出題が多くを占めました。ただし、 新傾向の問題が数問出題された点や、着目点を変えた掘り下げた知識が必要となる正誤の判断をつけにくい設問肢が昨年より多く出題されており、その点が受験者にとって難しく感じたことと思われます。

問題で問われていることは過去に出題された問題と大きな変化はなく、過去問をベースとした学習をしっかりと実施できた受験生は、解答を導きだし得点に結びつけることができたと思われます。基本的な問題を如何にミスしないで得点の上積みを図ることができたかが、合否のポイントです。

 

1級舗装施工管理技術者試験の受験申込みは、例年2月中旬となります。(受験申込書配布は1月中旬~)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【建設業専門】 資格取得・人材採用アドバイザー 1972年浜松市生まれ。建設資格アドバイザー歴は20年。資格取得を通じて地元で活躍する人材の育成を行い、これまで担当した受講生は延べ2,000人以上。現在は、建設資格アドバイザーのほかに、有資格者と地元企業のマッチングをはじめとした「人材採用コンサルティング」、「ニュースレター」を活用した販売促進支援などの活動を行っている。