1級建築士設計製図試験の合格発表|平成28年度総合合格率は12.0%。ここ5年で最も低くなる。

こんにちは(^o^) 建設資格アドバイザーの宮本です。

12月15日(木)に平成28年度の「1級建築士設計製図試験」の合格発表がありました。

平成28年度 1級建築士設計製図試験の結果

今年の1級建築士設計製図試験は、昨年と比べて合格率は1.9ポイント上がり「42.4%」となりました。学科試験から設計製図試験までを通しての総合合格率では、ここ5年間で最も低い「12.0%」という結果でした。

平成28年度の受験者数、合格者数、合格率

  H28年度 昨年度
受験者数 8,653人 9,308人
合格者数 3,673人 3,774人
合格率 42.4% 40.5%

平成28年度の総合合格率(学科試験~設計製図試験)

学科試験 設計製図試験
受験者数 26,096人 9,308人
合格者数 4,213人 3,774人
合格率 16.1% 40.5%
総合 実受験者数 30,648人
合格者 3,673人
合格率 12.0%

※平成28年の「学科の試験」の実受験者数と「設計製図の試験」からの実受験者数(平成26年、平成27年に行われた「学科の試験」合格者のうち平成28年の「設計製図の試験」を受験した者)との合計。

平成28年度の採点結果内訳

採点結果は、ランクⅠ~Ⅳの4段階評価となっており、採点結果における「ランクⅠ」が合格となっています。

ランクⅠ 42.4% 「知識及び技能」を有するもの
ランクⅡ 27.1% 「知識及び技能」が不足しているもの
ランクⅢ 20.7% 「知識及び技能」が著しく不足しているもの
ランクⅣ 9.7% 設計条件及び要求図書に対する重大な不適合に該当するもの

 

▼1級建築士試験の詳細はこちらで確認できます。

公益財団法人 建築技術教育普及センター

 

ABOUTこの記事をかいた人

【建設業専門】 資格取得・人材採用アドバイザー 1972年浜松市生まれ。建設資格アドバイザー歴は20年。資格取得を通じて地元で活躍する人材の育成を行い、これまで担当した受講生は延べ2,000人以上。現在は、建設資格アドバイザーのほかに、有資格者と地元企業のマッチングをはじめとした「人材採用コンサルティング」、「ニュースレター」を活用した販売促進支援などの活動を行っている。