H28年度 1級建築施工管理技士学科試験の合格発表|合格者数が大幅アップ!

こんにちは。建設資格アドバイザーの宮本です。

本日(2016年7月22日)H28年度1級建築施工管理技士学科試験の合格発表がありました。

 

合格されたみなさん、おめでとうございます!!

 

H28年度 1級建築施工管理技士学科試験の結果

今年の学科試験結果を見ると、合格者数・合格率ともに昨年を大きく上回る結果でした。

合格者数は12,675人で過去5年間でもっとも多く、合格率も49.4%と非常に高い合格率となりました。

 

学科試験の合格者数と合格率

年度 受験者数 合格者数 合格率
H28年度 25,639人 12,675人 49.4%
H27年度 25,452人 11,103人 43.6%

 

学科試験の合格基準点

36/60点満点

(60問中36問の正解)

 

学科試験に合格されたみなさんへ

「実地試験」の申込みが必要です

学科試験の合格者は、実地試験の受験申込みが必要です。受験申込みといっても、書類を記入したりといったことはなく「受験料の支払い」をするだけです。

実地試験の受験申込みは、受験料を支払うことで完了しますので、次の2つの方法のうちどちらか一つを選んで手続きしてください。

  1. 学科試験合格通知書についている振込用紙を使用して、コンビニエンスストアで支払う
  2. 試験元ホームページ(一般財団法人 建設業振興基金)からクレジットカードで支払う

 

平成28年度学科合格者の実地試験の受験申込み期間は下記のとおりです。

平成28年7月22日(金)~8月5日(金)

受付期間が2週間しかありません。忘れずに申込みをしましょう!

詳しくは試験元ホームページにてご確認ください。

平成28年度1級建築施工管理技士学科試験合格者の方へ(実地試験の申込み)>>>

 

 

▼実地試験を受験される方はこちらの記事も必読です!

1級建築施工実地試験対策は「試験を知ること」と「情報収集」が大事

1級建築施工実地試験対策は「試験を知ること」と「情報収集」が大事

2016.06.05

 

 まとめ

今年の学科試験は、受験者数・合格者数・合格率とすべてにおいて昨年までを大きく上回った結果でした。

この合格者増と高合格率の背景として、技術者不足の対策としての「受験資格の緩和措置」や「企業の資格取得への取組み」などの影響も大きいのではないでしょうか。

やはり、今の流れは「1級資格取得」のチャンスだといえます。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

【建設業専門】 資格取得・人材採用アドバイザー 1972年浜松市生まれ。建設資格アドバイザー歴は20年。資格取得を通じて地元で活躍する人材の育成を行い、これまで担当した受講生は延べ2,000人以上。現在は、建設資格アドバイザーのほかに、有資格者と地元企業のマッチングをはじめとした「人材採用コンサルティング」、「ニュースレター」を活用した販売促進支援などの活動を行っている。