【自分ごと】 目標を達成する人の3つの共通点~その3~

こんにちは。建設資格アドバイザーの宮本です。

働きながら資格試験に合格する人(=目標を達成できる人)の3つの共通点。

  1. 期待
  2. イメージ
  3. 自分ごと

この代表的な3つの共通点について、順番に説明していきます。

今回は、3つめの「自分ごと」についてです。

「自分ごと」|3つの共通点~その3~

働きながら資格試験に合格する人(=目標を達成できる人)の3つの共通点、3つめは「自分ごと」

自分で決めた目標を「自分ごと」として捉えていることです。

「自分で決めた目標なんだから当たり前でしょ」

と思うかもしれません。

しかし、これが意外にもできていない人が多いのです。

特に、目標に向かって行動する段階で大きく分かれます。

 

「自分ごと」として捉えている状態とは?

常に「どうしたらできるか?」を考えて、それを実行できている状態です。

目標に向かって行動する段階では、何の阻害要因(障害、問題点など)もなく順調に最後までいくなんてことは、めったにありません。

行動に対して、実際に障害が立ちはだかった時に「他人ごと」になってる人は、出来ない理由に注目してストレスを感じたり、自信をなくしてしまいます。「自分ごと」になってる人は、その状況で出来る方法や代替案を考えます。

 

忙しくても「時間がある人」と、いつも「時間がない人」

目標が「自分ごと」になっているかどうかで、一番わかりやすいのが「時間」に対する考え方です。

いままで数多くの受講生を見てきましたが、

いつも時間がない人は、仕事でも勉強でも受け身気質、自分のスケジュールをその場で決めれないタイプが多く、残業(休日出勤)が多いなどの会社への不満⇒時間が取れなくて当たり前「だからしょうがない」という考え方。

逆に、忙しくても時間がある人は、自分のやるべきことが明確で、予定がくずれてもその場で次のスケジュールをさっと組んでいくタイプが多く、時間がなければつくる、調整するという考え方をもっていました。

もちろん結果の違いは明らかですよね。まさに目標が「自分ごと」か「他人ごと」かの差です。

 

誰でも「自分ごと」の状態になる方法

あなたは、「達成できるかも」と感じた時、思ってた以上に頑張れた経験はありませんか?

はじめは無理そうだと思っていたことも、ある程度「やれそうだ」と感じるところまでいくともうひと踏ん張りできるものですよね。

資格試験の勉強では、「はじめて問題集やりきれた」⇒「このままいけば合格できるかも」、「今までで一番たくさん勉強ができた」⇒「これだけやったんだから合格したい!」など、完璧でなくても自分がこう感じれるところまでいくことが重要です。

この感覚が出てくると、もう周りが何も言わなくても合格するために頑張りますし、いままで抱えていた阻害要因などはどんどん自分で解決出来るようになります。

同じ人でも、別人?と思うぐらい変わりますよ。

あくまでも、自分で感じることが大切です!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

目標を達成できる人の3つの共通点~その3~「自分ごと」

目標を「自分ごと」にするには、決意を固めること。

最初に「達成する!」「合格する!」と決めてしまうことです。

そうすれば、どうすればできるか?を考えるようになります。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

【建設業専門】 資格取得・人材採用アドバイザー 1972年浜松市生まれ。建設資格アドバイザー歴は20年。資格取得を通じて地元で活躍する人材の育成を行い、これまで担当した受講生は延べ2,000人以上。現在は、建設資格アドバイザーのほかに、有資格者と地元企業のマッチングをはじめとした「人材採用コンサルティング」、「ニュースレター」を活用した販売促進支援などの活動を行っている。