【イメージ】 目標を達成する人の3つの共通点~その2~

こんにちは。建設資格アドバイザーの宮本です。

働きながら資格試験に合格する人(=目標を達成できる人)の3つの共通点。

  1. 期待
  2. イメージ
  3. 自分ごと

この代表的な3つの共通点について、順番に説明していきます。

今回は、2つめの「イメージ」についてです。

 

「イメージ」|3つの共通点~その2~

「イメージ」とは、目標を達成した後の自分の姿のイメージです。

なりたいと思う自分、好きな自分、こうありたいと思う場面を常にイメージすること。

これは、資格試験だけでなく目標の達成にはとても重要な要素です。

このイメージを持っているかどうかで結果は大きく違います。途中で断念してしまう人の多くはこれがハッキリしていません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
目標を達成させるには、
我慢する(意志の力)より
成功した後のイメージを勝たせること。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イメージは具体的であればあるほどいい

過去の合格者との会話を思い出してみても、このイメージが具体的であればあるほどいいですね。

 

「試験に合格した自分の姿」

「合格して祝福されている自分の姿」

「資格者として堂々と打ち合わせしている自分の姿」

 

ポイントは、試験での得点や合格通知など試験の合格に関することではなくて、合格したその先の自分の姿を考えること。

 

プライベート、人生のイベントなどと関連付ける

プライベートや人生のイベントなどと関連付けて目標設定をすることもとても効果的です。

・「今年合格して結婚する」

⇒ プレッシャーから開放されて、新婚旅行で楽しんでいる場面

・「この資格を取って転職する」

⇒ 心機一転、希望していた仕事に就いてバリバリ活躍している場面

 

合格者によくあるパターン

その他にも、合格者によくあるこのようなパターンもあります。

その資格が必要な仕事につくことが決まっている。

新規事業が決まっていて、その資格がどうしても必要になる。

その資格を取って独立することを決めた。

などです。

少しプレッシャーはきつくなりますが、この状況ではその先の自分の姿をイメージするしかありませんよね。

その目標(結果)が通過点になるように、目標設定の段階で決意を固めることもやはり効果的です!

 

意志の力だけでは限界がある

あなたは、自分がやると決めたことが出来なくて

「意志が弱いなぁ、、、」

と自分を責めたりした経験はありませんか?

わたしは、よくありますよ(汗)

 

でも結局のところは、人間の意志の力なんて弱いものです。ポジティブ!

自分のなりたいイメージがないのに、意志の力だけでやりきるというのは、もはや「我慢」だけの世界です。

これでは目標達成は至難の業ですよね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

目標を達成できる人の3つの共通点~その2~「イメージ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
目標を達成させるには、
我慢する(意志の力)より
成功した後のイメージを勝たせること。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつも最後までやり切れないと悩んでいる方は、

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回は、3つの共通点~その3~「自分ごと」についてお送りします。

ABOUTこの記事をかいた人

【建設業専門】 資格取得・人材採用アドバイザー 1972年浜松市生まれ。建設資格アドバイザー歴は20年。資格取得を通じて地元で活躍する人材の育成を行い、これまで担当した受講生は延べ2,000人以上。現在は、建設資格アドバイザーのほかに、有資格者と地元企業のマッチングをはじめとした「人材採用コンサルティング」、「ニュースレター」を活用した販売促進支援などの活動を行っている。