1級建築士学習のコツ|法規が苦手な人の3つの原因

こんにちは。建設資格アドバイザーの宮本です。1級建築士を目指して頑張っているみなさん、勉強は順調にすすんでいますか?

日建学院浜松西校の1級建築士学科コースでは、いよいよ最重要科目とも言える「法規」の講義が始まりました。

1級建築士の学科試験で最重要科目となる「法規」ですが苦手な人が多いのも事実です。(1級建築士だけじゃなくて2級建築士も同じです。)

では、なぜ法規が苦手だと感じるのでしょうか?その原因となるのは、大きくわけて3つあると思います。また、その解決方法についても考えてみましょう。

建築士学科試験における「法規」の解き方は

①問題文と各設問枝を読む

②問題文や各設問枝から「キーワード」を読み取る

③その「キーワード」をもとに法令集から該当ページ(条文・告示等)を探し正誤判断をする

上記の①~③を繰り返して行なうのが法規の問題を解く手順です。

法規が苦手と感じる3つの理由

sim

1)法令集が引けない

法令集が引けない=法令集のどこを開けばいいかがわからない。初めて法規の学習をする人が最初に当たる壁ですね。

法令集が引けない人の最大の原因は、問題文を読んでも「キーワード」が何なのか?がわからないことです。だから、法令集のどのページを開けばよいかがわからないわけです。

「法令集が引けない」を解決する方法

学習方法の手順を変えることです。問題集を実施するのであれば、問題文と各設問枝を読み、先に解答や解説をみて、法令集のどこを引けばよいかをチェックする。解答を導き出す手順を逆回しにやっていくと効果的です。

2)法令集が読めない

法令集が読めない=字が読めないという意味ではありません。法令集に記載されている文章をしっかりと読めていないという意味で、読み飛ばしてしまったり、読み間違いをしてしまったりという単純ミスからくるものです。思い込みでの判断がクセになってしまうと何回も同じミスを繰り返す可能性があるので要注意です。

「法令集が読めない」を解決する方法

法令集への書き込みを工夫することです。条文に色付きの線を引いておくことや重要なところは囲んだり、自分でわかるように書き込みを充実させることが近道です。

3)法令集の引きが足りない

法令集の引きが足りない=答えを導き出すまでの過程で、途中で判断をしてしまうことです。例えば、ある問題を解く過程で「A→B→C→D」という流れで法令集の条文等をを引いて答えを導き出す場合に、最後の「D」までいかず「C」の段階で正誤判断をしてしまうパターンなどがあります。

「法令集の引きが足りない」を解決する方法

このパターンで1回間違えた時には、次回間違えないための書き込みやチェックをしておくことです。次に引くページ番号や条文、自分でわかるように色分けのルールを作っておくなど次に間違えないように本番に向けて準備をしましょう。

ただし、自分のわかるようにとなんでも書いていいわけではありません!法令集への書き込みにはルールがあります。試験が始まる前に試験官による法令集チェックがありますので十分に注意が必要です。

↓ ↓ ↓

学科Ⅲ(法規)の問題を解答する場合に限り、次の1及び2の条件を満たす法令集の使用が認められます。

条件1.条文等の順序の入替及び関連条文等の挿入を行っていないこと(条文等の省略は認められる)。

条件2.次に掲げる簡単な書込み及び印刷以外に解説等を付していないこと。

イ.目次、見出し及び関連法令・条文等の指示(法令、章、節、条等の名称、番号及び掲載ページを限度とする)  ロ.改正年月日  ハ.アンダーライン

一般財団法人建築技術教育普及センター 受験・資格Q&Aリスト(一級建築士)→(試験場、当日の携行品について)→ 使用が認められる法令集について でご確認ください。

 

まとめ

法規を苦手と感じる3つの理由、そして解決する方法をお伝えしました。

最後にもう一つ「法規」最大の課題は、「勉強するのに時間がかかる」ということです。

しかし、こればっかりは「時間をかけて繰り返しやる!」しかありません。

法規という科目は、最初は時間もかかるし面倒くさいと思いますが、それを乗り越え一度コツを掴んでしまえば、よほどの問題が出ない限り安定して高得点を取れるようになります。

1級建築士、2級建築士の学科試験合格を目指す限り、絶対に避けては通れない道だと思って頑張りましょう!

 

前年度までの法令集を使っている方は、こちらの記事も読んでくださいね。今さら聞けない!建築基準法と建築士法の一部改正|資格試験にも影響アリ?!

 

 


【2級建築士】

本試験問題&解答解説集を無料プレゼント!

 

資格試験に合格するためには、まずその試験を知ることから。

「2級建築士学科試験 本試験問題・解答解説集」は、このような方にお使いいただけます。

  • 以前の過去問題集を使用していて、前年の試験問題が不足している方
  • 受験対策の終盤で、実力試しに本試験問題を通しでやってみたい方
  • これから2級建築士受験をするにあたって「どんな試験内容か?」を知っておきたい方

下記よりダウンロードしていただき、2級建築士取得に向けた受験勉強の参考資料として、ぜひお使いください!

「2級建築士学科試験 本試験問題・解答解説集」が無料でダウンロードできます。



【1級建築士】

本試験問題&解答解説集を無料プレゼント!

資格試験に合格するためには、まずその試験を知ることから。

「1級建築士学科試験 本試験問題・解答解説集」は、このような方にお使いいただけます。

  • 以前の過去問題集を使用していて、前年の試験問題が不足している方
  • 受験対策の終盤で、実力試しに本試験問題を通しでやってみたい方
  • これから1級建築士受験をするにあたって「どんな試験内容か?」を知っておきたい方

下記よりダウンロードしていただき、1級建築士取得に向けた受験勉強の参考資料として、ぜひお使いください!

「1級建築士学科試験 本試験問題・解答解説集」が無料でダウンロードできます。



【施工管理資格】

本試験問題&解答参考例 無料プレゼント!

 

1級建築施工実地試験問題&解答参考例

試験問題&解答参考例

資格試験に合格するためには、まずその試験を知ることから。現在、無料プレゼント中の資格は以下の通りです。

  • 1級建築施工管理技士
  • 2級建築施工管理技士
  • 1級土木施工管理技士
  • 2級土木施工管理技士
  • 1級管工事施工管理技士
  • 2級管工事施工管理技士
  • 1級造園施工管理技士
  • 2級造園施工管理技士
  • 1級舗装施工管理技術者

 

最新年度の試験問題と解答参考例が無料でダウンロードできます。


ABOUTこの記事をかいた人

【建設業専門】 資格・人材採用アドバイザー/日建学院浜松西校代表。 1972年浜松市生まれ。建築士、宅建など建設関連資格に特化した受験対策校を運営。アドバイザー歴18年。資格取得を通じて地元で活躍する人材の育成を行い、これまで担当した受講生は延べ2,000人以上。現在は、建設関連資格のスクール運営のほかに、有資格者と地元企業のマッチングをはじめとした「人材採用コンサルティング」、「ニュースレター」を活用した販売促進支援などの活動を行っている。