H28年度 1級建築士学科試験の合格発表|注目の合格基準点は「90点」!

どうも、建設資格のアドバイザー宮本です。

本日9月6日(火)は、H28年度 1級建築士学科試験の合格発表でした。

 

見事に難関試験を突破されたみなさん!

合格おめでとうございます!

 

今年の1級建築士学科試験は、試験直後の解答速報値で非常に難易度が高く、合格基準点の補正(88点~89点)の可能性大?という状況でしたが、正式な試験結果はどうだったでしょうか?

 

 H28年度 1級建築士学科試験の結果は?

 

koala-1259681_1280

今年の「1級建築士学科試験」合格基準点は「90点」全国合格率は16.1%」!

ここ5年間で最も低い合格率という結果でした。

受験者数は、昨年と比較して292人増(2年連続で増加)。合格者数は593人減、合格率も2.5%減といずれも昨年より下がりました。

 

学科試験の合格者数と合格率

年度 受験者数 合格者数 合格率
H28年度 26,096人 4,213人 16.1%
H27年度 25,804人 4,806人 18.6%

学科試験の合格基準点

今年の合格基準点は、試験元から公表されている基準点どおりでした。

計画 環設 法規 構造 施工 総得点
11点 11点 16点 16点 13点 90点

※各科目及び総得点の基準点全てに達している者を合格とする。

「学科Ⅱ」No.18 は、一部の受験者について、正答枝の枝 2 とともに枝 1 を選択した受験者に 対しても得点を与える措置を講じています。

 

1級建築士学科試験の特徴

試験の方向性、学習の方向付けを示すテーマは、次の5つに集約することができます。今年の出題問題から、少し具体的な例を示しています。
これらを意識した発展的な学習の有無が、今後の試験の合否を大きく分けることになるでしょう。

① 設計・工事監理に係る啓蒙的な出題

計画「技術者倫理:NO.1 」「工事監理:NO.18」「マネジメント:NO.20 」
法規「建築士法全般:NO.21、22 、24 」「建築士法融合:NO.29」
施工「工事請負契約約款:NO.25」

② 社会的重要性の高い「既存建築物の改修・活用」

計画「建築物の再生:NO.2」
施工「各種改修工事:NO.22」

③ 構造の安全性・品質

法規「構造計算:NO.12」
構造「地震力:NO.7」「耐震設計:NO.14、18、24」
施工「品質管理・試験:NO.8、11、15、17、22、24」
「耐震改修工事:NO.23」

④ 最新の法令・基準

法規「耐火建築物等:NO.7」「建築士法:NO.21、22、24」

⑤ その他・時事的

計画「建築物の再生(国立西洋美術館):No.2」、
「計画一般(車いす使用者):NO.7 、9」
法規「耐震改修:NO.27」
構造「免震・制振:NO.25、30」

 

新規の出題項目

計画

「アカウンタビリティ」「談合」「公益通報」「コンプライアン
ス」「目黒区総合庁舎」 「神奈川県立近代美術館」
「コルドバの大モスク」「筑波研究学園都市」
「川越一番街」 「熊本アートポリス」「レジリエンス」
「タウンゾーニング」「ゲーリー自邸」「ヒラルディ邸」
「フィッシャー邸」「サブリース事業」「PFI事業:SPC」

環境・設備 「残響室法吸音率」「電力回生制御」
法規

「通行障害既存耐震不適格建築物」「要安全確認計画記載建築物」
「既存耐震不適格建築物」

施工

「排水中の水素イオン濃度」「単位粗骨材量」「高周波水分計」
「建築設計・監理業務委託契約約款」

 

1級建築士学科合格者の主な属性

試験元(公益財団法人建築技術教育普及センター)から、「合格者の主な属性」という参考データが公表されています。

  1. 学歴・資格別 
  2. 職域別
  3. 職務内容別
  4. 男女別
  5. 年齢別

学歴・資格別

大学…70.5% 二級建築士…19.1% 各種学校…5.7% 建築設備士…0.9% その他…3.8%

職域別

設計事務所…36.0% 建設業…34.3% 官公庁等…10.1% プレハブ住宅会社…7.5% その他…12.1%

職務内容別

建築設計…41.0% 現場管理…19.4% 構造設計…8.6% 工事監理…8.1% その他…22.9%

男女別

男性…78.5% 女性…21.5%

年齢別

24~26才…22.2% 27~29才…20.6% 30~34才…24.0% 35~39才…14.6% 40才以上…18.5%

合格者の平均年齢…32.9才

 

まとめ

H28年度1級建築士学科試験の合格率は16.1%と「ここ5年間で最も低い合格率」だった。

合格者の属性では、「年齢別」で見ると「40歳以上」の合格者割合が増加している。

出題の傾向として、実務に携わる上での啓蒙的な出題や社会的な重要性の高い分野からの出題、時事的な出題などが求められる試験。

 

1級建築士試験では、学科試験の合格発表日と設計製図試験日の関係で、ほとんどの合格者がすでに設計製図試験対策に入っていると思います。

 

設計製図の試験日は、10月9日(日)。

試験まで残り1ヶ月です。

受験者のみなさん、引き続き設計製図対策を全力で頑張りましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

【建設業専門】 資格取得・人材採用アドバイザー 1972年浜松市生まれ。建設資格アドバイザー歴は20年。資格取得を通じて地元で活躍する人材の育成を行い、これまで担当した受講生は延べ2,000人以上。現在は、建設資格アドバイザーのほかに、有資格者と地元企業のマッチングをはじめとした「人材採用コンサルティング」、「ニュースレター」を活用した販売促進支援などの活動を行っている。